MENU

面接で厳しい質問をされたからって怒る人は、きっと仕事が続かない

売り言葉につい買い言葉ということで、「こんな会社退職してやる!」みたいに、かっとなって離職を決めてしまうケースもあるが、これほど世間が不景気のなかで、勢いだけで退職することは大きな間違いです。
「オープンに赤裸々な気持ちを話せば、転職を決定した最大の要素は給与のせいです。」こんな例も耳にします。ある外資のIT会社のセールスを担当していた中堅男性社員の例です。
差しあたって外資系会社で勤めていた人のもっぱらは、そのまま外資の経歴を続けていく傾向もあります。結論からいうと外資から日本企業に勤める人は、稀有だということです。
電話応対であろうとも、面接の一部分だと位置づけて応対しましょう。反対に、企業との電話の応対とか電話のマナーが合格であれば、それに伴って評価が高くなるに違いない。
収入そのものや労働待遇などが、大変良いとしても、職場の状況自体が劣化してしまったら、またまた別の会社に転職したくなることもあり得ます。

もう関わりがなくなったという立場ではなく、やっと自分を受け入れて、ひいては内定まで貰った会社に臨んで、真摯な態度を取るように努めましょう。
何と言っても、わが国の秀でたテクノロジーの大半が、大企業ではなく、中小企業の小さな町工場で創造されていますし、手取りおよび福利厚生についても十分なものであるなど、発展中の企業だってあります。
外資系企業で仕事に就いている人は、少なくはない。外資に就職するというと、これまでは中途採用の即戦力となる人材を採用するようなイメージがありましたが、ここへ来て、新卒社員の採用に挑戦的な外資も精彩を放つ。
バイトや派遣の仕事を通して成し遂げた「職歴」を武器として、多様な会社に面接を山ほど受けに行ってください。要は、就職もきっかけの側面が強いので、面接をたくさん受けることです。
職場で上司が仕事ができる人なら文句ないのだけれど、ダメな上司なら、いかなる方法であなたの力を発揮できるのか、あなたの側が上司を上手に導くことが、ポイントだと思います。